右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「ところてん」のレシピ
ここから本文です
夏休みに親子でチャレンジ!『ところてん』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

作り方

材料<10人分>

  • 天草…30g
  • 水…1.8L
  • 酢…小さじ4

ご注意<お子さんと一緒に作る場合>

  • 作る前に必ず手洗いしてください。
  • やけどしないように、必ずおとながつき添ってください。
1.天草を洗う
軽く水洗いし、ざるにあげて水けをきる。
2.天草を煮る
鍋に湯をわかし、沸騰したら酢と天草を入れる。再び沸騰したら弱火にし、ふたをして約1時間煮る。
ときどき鍋の中の様子を見ながら、火を加減する。
3.とろっとしたら、火を止める
 
4.こし袋でこす
こし袋に3を入れてこす。
熱いのでやけどをしないように注意。必ずおとながついていてください。
5.バットに入れ、冷蔵室で固める
こした煮汁をバットに入れる。あら熱が取れたら、冷蔵室に1時間半〜2時間入れて冷やし固める。
煮汁をバットに流し込む高さは2.5cm程度。
6.ところてん突きに合わせてカット
バットから取り出して、縦はところてん突きの容器の長さに、横幅は突き棒の板の幅に合わせて包丁で切る。
7.ところてん突きで押し出す
ところてん突きは、使用するたびに洗ってください。
ところてんは作った当日お召しあがりください。

お好みの味付けでどうぞ

酢じょうゆ
酢じょうゆ
黒蜜
黒蜜
関東ではこの味付けがおなじみ。
黒酢を使うとまろやか。
主に関西方面で好まれる食べ方。
きなこもふって、デザート風に。

こんな食べ方も

青のり
フルーツ
こした煮汁を全量ところてんにするのではなく、ふりかけなどを入れてから固めるのもおすすめ。さしみこんにゃく風にスライスして食卓に出せば、上品なひと皿になります。ゆかり、青のりなど、好みの味で楽しんでください。

関連リンク



こちらもオススメ!(「素材を知る」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「実験おやつ」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「和菓子」関連レシピ)

のし梅
のし梅
梅シロップの味わいをギュッと凝縮。
かりんとう
かりんとう
カリッと楽しい食感と甘さが、あとを引くおいしさ。
ゆべし
ゆべし
もっちりした食感。くるみやごまがアクセントに。
うさぎまんじゅう
うさぎまんじゅう
かわいらしい形と色合いが、十五夜にぴったり。
 
おさつ甘納豆
おさつ甘納豆
ほっくり甘~い旬のおいもで作る、素朴なおやつ。
ゆずきんとん
ゆずきんとん
甘いさつまいもをゆずでさっぱりと。
栗きんとん(和菓子)
栗きんとん(和菓子)
栗の味わいを生かした、上品な和菓子。
簡単ふがし
簡単ふがし
黒糖の濃厚なコクが、サクッと軽い生地と好相性。
 
そばがき
そばがき
家で手軽にそばの香りを楽しむのにおすすめ。
かるかんまんじゅう
かるかんまんじゅう
山芋で作る、鹿児島の伝統的なお菓子。
赤飯まんじゅう
赤飯まんじゅう
あんこのかわりにもちもちのお赤飯を入れて。
いきなりだんご
いきなりだんご
熊本に伝わる、さつまいもの蒸しまんじゅう。
 
いもようかん
いもようかん
さつまいもの甘みが生きた素朴な味わい
おはぎ(ぼたもち)
おはぎ(ぼたもち)
昔ながらの味。やさしい甘さを楽しむ
お月見だんご
お月見だんご
中秋の名月をみんなで楽しむ
ずんだもち
ずんだもち
枝豆をあんにした、東北地方の郷土料理。
 
梅寒天
梅寒天
梅シロップを使って、ひんやりデザート。
柏もち
柏もち
こどもの日のお祝いは手作り柏もちで。
わらびもち
わらびもち
とろりとした舌ざわり。
みたらしだんご
みたらしだんご
焼きたての香ばしさは手作りならでは!
 
いちご大福
いちご大福
旬のいちごを使った、和風のおやつ。
桜もち
桜もち
春の訪れを楽しむ和菓子を手作りで。
きな粉あめ
きな粉あめ
電子レンジで作れる、昔ながらの素朴なおやつ。
おしるこ
おしるこ
小豆をコトコト煮込めば、やさしい味わいに。
 
揚げあられ
揚げあられ
お正月に残ったおもちが変身!
この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る