右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「新しょうがの甘酢漬け」のレシピ
ここから本文です
しょうがの香りとシャキシャキ感を楽しんで! 『新しょうがの甘酢漬け』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

甘酢漬けの作り方

材料

  • 新しょうが…300g
  • 酢…100cc
  • a
    砂糖…50〜80g
    水…50cc
    塩…小さじ1
1.
新しょうがは水洗いしながら、汚れや土をこそげ取る。薄く皮をむいて水けをふく。
point
水けや汚れが残っていると、カビなどの原因になります。新しょうがは水分が多いので、皮をむいてからふいてください。
2.
新しょうがを薄切りにし、熱湯消毒した保存びんに入れる。
3.
aを鍋に入れて煮とかし、火を止めてから酢を入れる。
4.
3.がまだ熱いうちに2.に注ぎ入れる。あら熱が取れたら、冷蔵室に置く。
漬け汁の量は容器の大きさに合わせて増減してください。しょうががしっかりかぶる程度が目安。

甘酢漬けの食べごろ

翌日くらいから食べられるが、2〜3日後ぐらいからがおいしい。
その日の内に食べたい時はしょうがを一度ゆでこぼし、辛みを抜いてから漬け込むのがおすすめ。

新しょうがバリエーションあれこれ

赤梅酢漬け

材料
  • 新しょうが…300g
  • 赤梅酢…100cc
手順
  1. しょうがは水洗いしながら、汚れや土をこそげ取る。薄く皮をむいて水けをふく。
  2. 新しょうがは薄切りにして、熱湯消毒した保存びんに入れ、赤梅酢を注ぎ入れる。
    翌日くらいから食べられるが、2〜3日後くらいからがおいしい。

しょうゆ漬け

材料
  • 新しょうが…300g
  • しょうゆ…100cc
手順
  1. 新しょうがは水洗いしながら、汚れや土をこそげ取る。薄く皮をむいて水けをふく。
  2. 新しょうがは薄切りにして、熱湯消毒した保存びんに入れる。
  3. 2.にしょうゆを注ぎ入れる。
    半日置けば食べられるが、2〜3日後くらいからがおいしい。しょうがを漬けた汁は、炒めものなどに使って。


こちらもオススメ!(「漬け物」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「新しょうが」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「初夏の保存食」関連レシピ)

しょうが糖
しょうが糖
甘さと辛みのバランスが、くせになるおいしさ。
梅のしょうゆ漬け
梅のしょうゆ漬け
香りよく、甘酸っぱいしょうゆは、夏の食卓で重宝。
らっきょうの甘酢漬け
らっきょうの甘酢漬け
パリッと歯ごたえよく、素材の風味豊かな仕上がり。
梅びしお(ねり梅)
梅びしお(ねり梅)
古くから伝わる万能調味料で、梅料理がより手軽に。
 
梅エキス
梅エキス
旬の青梅をじっくり煮詰めた、さわやかな味わい。
梅みそ
梅みそ
さっぱりとしたたれとして大活躍!
新しょうがのはちみつ漬け
新しょうがのはちみつ漬け
さわやかな風味の中に、ピリリとした刺激!
しそジュース
しそジュース
鮮やかな赤色に元気をもらえる!
 
あんずジャム
あんずジャム
さわやかな香りと酸味を生かして
梅干し
梅干し
初夏の梅仕事に挑戦!
黄梅ジャム
黄梅ジャム
濃厚な梅の香りを楽しんで!
梅干し袋漬け
梅干し袋漬け
手軽にチャレンジ
 
紅しょうが
紅しょうが
着色料ナシできれいな赤色に!
梅酒
梅酒
旬の青梅で、作ろう!わが家の味。
プラムジュース
プラムジュース
さわやかな甘酸っぱさを楽しんで。
梅シロップ
梅シロップ
子どもも大好きな、さわやかな初夏の味。
 
梅のはちみつ漬け
梅のはちみつ漬け
びんを使って作ることで、ふっくら仕上がります。
梅サワー
梅サワー
水や炭酸水で割ってさわやかドリンク!
小梅の塩漬け
小梅の塩漬け
小ぶりで食べやすいので、お弁当にも活躍!
青梅のカリカリ漬け
青梅のカリカリ漬け
カリッと食感もさわやか!
 
甘夏マーマレード
甘夏マーマレード
旬の甘夏を皮ごと使って、マーマレードに。
らっきょうの塩漬け
らっきょうの塩漬け
初夏の味覚をカリッと手作り!
甘夏ビネガー
甘夏ビネガー
フルーティーでさわやかな酸味を楽しんで。
この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る