右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「さつま揚げ」のレシピ
ここから本文です
ほどよい弾力、白身魚のうまみと甘み。『さつま揚げ』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

フードプロセッサー、
またはすり鉢・すりこぎ
ボウル
ヘラ  

作り方

材料

  • 真だら…180g
  • 塩…小さじ2/3
  • 卵白…1/2個分
  • 砂糖…小さじ2
  • ごぼう…30g
  • 人参…20g

下準備

ごぼう、人参をささがきにして、ごぼうはしばらく水にさらす。ともに3分ほどゆでておく。
真だらは解凍して水けをふく。骨と皮があるものは取り除く。
※野菜はゆでるとほどよいかたさに仕上がります。ゆでずにそのまま使っても。歯ざわりよく仕上がります。
1.
解凍した真だらは水けをふいてフードプロセッサーに入れ、10秒ほどかくはんして粗く刻む。塩を加えさらに10秒かくはんする。
※フードプロセッサーがない場合、真だらを包丁できざんでからすり鉢でする。
2.
卵白、砂糖を加え、さらに10秒かくはんする。もっちりとまとまってきたらボウルにあける。
※フードプロセッサーがない場合、すり鉢でする。
point
魚肉と塩をいっしょにすりつぶすことで、弾力がでます。手順にそってすすめてください。
3.
2.にごぼうと人参を入れ、ざっくりと混ぜる。4等分して、小判形に整える。
4.
160度の油で4~5分ほど、裏返して両面を揚げる。
point
低温でじっくり揚げます。高温にすると、野菜が焦げやすくなるで注意してください。


この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る