右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「おしるこ」のレシピ
ここから本文です
小豆をコトコト煮込めば、やさしい味わいに。『おしるこ』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

作り方<所要時間:1時間30分>

材料<4人分>

  • 小豆…250g
  • 砂糖…250g
  • 塩…ひとつまみ
  • 餅…適宜

下準備

鏡餅の場合は、食べやすい大きさにしておく。
1.
小豆はサッと洗い、たっぷりの水といっしょに強火にかける。
2.
沸騰したらアクをとりながら強火で7分ゆでる。ざるにあけて水けをきる。
point
煮汁を捨てるのが、アクを抜いて、おいしく仕上げるコツ。
3.
2.の小豆を4〜5倍量の水といっしょに強火にかけ、沸騰したら中火にする。
4.
常に小豆が水にかぶっている状態になるように、途中差し水をしながら、指で簡単につぶせるくらいになるまで約1時間煮る。
point
ここでもアクが出たらまめにとり除くのがポイント。
5.
小豆がやわらかくなったら、木じゃくしで混ぜながら砂糖を数回に分けて加える。塩を加えてかき混ぜながら弱火で煮る。
point
小豆は砂糖を加えるとやわらかくならないので、事前につぶせるか確認して。
6.
5.を器に盛り、焼いた餅を入れる。

「鏡開き」の由来

お正月に迎えた年神様を、送り出すのが「鏡開き」。お供えした年神様の力が宿った鏡餅を家族でいただくことで、一年の無病息災を願います。もともと武家社会の風習で切腹を連想させる刃物で切らずに、手や木づちなどで割るのがしきたりでした。お餅を下げる日は地方によっても違いますが、1月11日が一般的。からだが温まるおしるこを食べることが多いようです。



こちらもオススメ!(「あん」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「もち」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「和菓子」関連レシピ)

かりんとう
かりんとう
カリッと楽しい食感と甘さが、あとを引くおいしさ。
ゆべし
ゆべし
もっちりした食感。くるみやごまがアクセントに。
うさぎまんじゅう
うさぎまんじゅう
かわいらしい形と色合いが、十五夜にぴったり。
おさつ甘納豆
おさつ甘納豆
ほっくり甘~い旬のおいもで作る、素朴なおやつ。
 
ゆずきんとん
ゆずきんとん
甘いさつまいもをゆずでさっぱりと。
栗きんとん(和菓子)
栗きんとん(和菓子)
栗の味わいを生かした、上品な和菓子。
簡単ふがし
簡単ふがし
黒糖の濃厚なコクが、サクッと軽い生地と好相性。
そばがき
そばがき
家で手軽にそばの香りを楽しむのにおすすめ。
 
かるかんまんじゅう
かるかんまんじゅう
山芋で作る、鹿児島の伝統的なお菓子。
赤飯まんじゅう
赤飯まんじゅう
あんこのかわりにもちもちのお赤飯を入れて。
いきなりだんご
いきなりだんご
熊本に伝わる、さつまいもの蒸しまんじゅう。
いもようかん
いもようかん
さつまいもの甘みが生きた素朴な味わい
 
おはぎ(ぼたもち)
おはぎ(ぼたもち)
昔ながらの味。やさしい甘さを楽しむ
お月見だんご
お月見だんご
中秋の名月をみんなで楽しむ
ところてん
ところてん
夏休みに親子でチャレンジ!
ずんだもち
ずんだもち
枝豆をあんにした、東北地方の郷土料理。
 
梅寒天
梅寒天
梅シロップを使って、ひんやりデザート。
柏もち
柏もち
こどもの日のお祝いは手作り柏もちで。
わらびもち
わらびもち
とろりとした舌ざわり。
みたらしだんご
みたらしだんご
焼きたての香ばしさは手作りならでは!
 
いちご大福
いちご大福
旬のいちごを使った、和風のおやつ。
桜もち
桜もち
春の訪れを楽しむ和菓子を手作りで。
きな粉あめ
きな粉あめ
電子レンジで作れる、昔ながらの素朴なおやつ。
揚げあられ
揚げあられ
お正月に残ったおもちが変身!
 
この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る