右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「お赤飯」のレシピ
ここから本文です
ほんのり赤く染まったごはん。手作りでお祝いを。『お赤飯』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

お赤飯を作る

材料<7〜8人分>

  • もち米…4合(約600g)
  • ささげ(乾燥)…1袋(70g)
  • 砂糖…大さじ1
  • 塩…小さじ1強
  • ごましお…適量
下準備 
もち米は炊く3時間以上前にといで、ざるにあけ、水けをきっておく。前夜にといでおいてもよい。
point
もち米の水けをしっかりきっておくのが、炊飯器で上手に炊き上げるコツです。
1.
鍋にささげとたっぷりの水を入れ、火にかける。煮立ったらざるにあけて、ゆでこぼす。
2.
鍋に1.のささげを戻し入れ、水を2カップ程度入れる(ささげが十分にかぶる程度)。中火にかけ、20分ほどゆでる。ざるにあけ、煮汁は取りおく。
※まんじゅうを作る場合は、飾り用にささげを20粒ほど取りおく。
point
ささげのゆで加減は、少し硬めに。1粒食べて、歯応えが残っている程度に。
途中、水が少なくなったらさし水をし、常に豆に水がかぶっている状態にします。
3.
炊飯器の内釜にもち米を入れ、ささげの煮汁に水を足して580ccにし、注ぎ入れる。砂糖、塩、ささげを入れ、軽く混ぜ合わせて、炊く。
point
砂糖が、つややかに炊き上げる手助けをします。
4.
炊きあがったら、全体をざっくり混ぜる。器に盛り、好みでごましおをかける。

お赤飯を使用した「赤飯まんじゅう」の作り方を紹介しています。
→「赤飯まんじゅう」の作り方はこちら

Memo

お赤飯に「ささげ」を使うわけ
小豆は煮ると皮が破れやすい(腹が切れる=切腹に通じる)のに対し、ささげは破れないことから、昔の関東を中心とした武士社会で、お赤飯にはささげが用いられるようになりました。現在も地域によって、その習慣が残っていると伝えられています。



こちらもオススメ!(「おもてなし」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「お米」関連レシピ)

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る