右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「生麩田楽」のレシピ
ここから本文です
はじけるような弾力は、小麦粉から作られる!『生麩田楽』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

清潔なさらし、またはふきん  

作り方

材料<約12〜15個>

田楽みそ
  • みそ…大さじ2
  • みりん…大さじ2

下準備

かぼちゃはラップで包んで電子レンジで加熱し、熱い内にフォークなどでつぶしておく。
1.
大きめのボウルに強力粉、塩を入れ、水250ccを加えてよく混ぜる。生地がひとまとめになったら、しっかりこねる。表面がなめらかになって手につかなくなったら、ぬれぶきんで包んでポリ袋に入れ、冷蔵室に1時間以上おく。
2.
ふきん(またはさらしの布)で1.を包み、大きめのボウルなどに水をはった中でもみ洗いして、でんぷんを洗い流す。30~40分ほど、水があまり濁らなくなるまで水を変えながらもみ洗いをする。
※白濁した水がだんだん半透明になっていきます。
point
はじめは、やさしく押すようにもみます。だんだん生地に弾力がでてきたら力強くもんで、生地に含まれているでんぷんを洗い流すようにします。途中、生地を見て白っぽいところが残っていたら、その部分はでんぷんが洗い流されていないので、よくもんでください。
point
※残ったやや黄色くて網状の塊が、小麦粉に含まれるたんぱく質の一種「グルテン」です。粘りと弾力があり、麩やパン作りでその性質を生かします。
point
食感や表面をつるんとなめらかに仕上げたい場合
白玉粉と水大さじ6を混ぜ合わせて2.のグルテンに加え、均一になるようによくこねながら混ぜ込みます。
3.
2.のグルテンを3等分する。青のり、かぼちゃを混ぜたもの、そのままの3種の生地を作り、それぞれ4~5等分して丸める。
point
青のり、かぼちゃなどを混ぜる際には、網状のグルテンの目に入れるように練り込みます。生地の中央に混ぜるものを入れ、折り込むようにこねてください。
4.
鍋に湯を沸かし、3.を入れてゆでる。弱火で4~5分ほど、浮いてくるまでゆでる。
5.
4.に好みで田楽みそを塗り、オーブントースターまたは魚焼きグリルで、焼き色が付くまで、5分ほど焼く(魚焼きグリルの場合は中火~弱火)。

バリエーションも楽しめます。

●生麩に混ぜるもの
よもぎ、あわ、黒ごま、ゆず、抹茶、など。
●食べ方
煮物や椀物に入れたり、揚げ物、炒め物の具材にも。あんを包んだ麩まんじゅう、きな粉や黒蜜をかけてデザートとしても楽しめます。



こちらもオススメ!(「素材を知る」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「あん」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「白玉粉」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「強力粉」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「オーブントースター」関連レシピ)

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る