右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「みたらしだんご」のレシピ
ここから本文です
焼きたての香ばしさは手作りならでは!『みたらしだんご』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

作り方<所要時間:40分>

材料<約4本分>

下準備

  • 串は水につけておく。

たれを作る

1.
小鍋にたれの材料を入れ、よく混ぜて片栗粉を溶かしてから火にかける。
2.
絶えずかき混ぜ、とろみがついてきたら器にあける。

だんごを作る

1.
耐熱のボウルに上新粉を入れてぬるま湯を注ぎ、木べらで粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
2.
ラップをして電子レンジで3分加熱する。均一に加熱されるように一度よく木べらで混ぜ、再びラップをし、電子レンジで3分加熱する。
さらに木べらでよく混ぜ、再び電子レンジで2分加熱する。
point
少し指先でさわってみて、くっつかなければOK。ベタベタしているようなら、1分ずつ加熱して様子を見てください。
3.
すりこぎに水をつけながら、生地の表面がなめらかになるまで何度もついてコシを出す。
※やけどに注意してください。
4.
粗熱がとれたら、ぬれぶきんにのせ、ふきんごともんで、よくこねる。なめらかになったらふきんから生地を出し、手に水をつけながら、耳たぶくらいのやわらかさになるまでよくもみこむ。
point
やわらかめに作りたい場合は、少しずつ水を加えながらもみこんで、好みのかたさに調節してください。
5.
薄く油を塗った台に生地をのせ、2等分してから棒状にし、1本ずつ木べらなどで8等分して丸める。
6.
水につけていた串に刺し、焼き網やグリル、オーブントースターなどで、焦げ目が付くまで焼き、たれをからめる。
point
串の部分にぬらしたペーパータオルを巻き、さらにアルミ箔を巻いておくと、串に焦げ目が付きません。

好みの味にアレンジ!

たれのほか、しょうゆをまぶして焼いたり、あんを添えてもOK。



こちらもオススメ!(「上新粉」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「オーブントースター」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「和菓子」関連レシピ)

のし梅
のし梅
梅シロップの味わいをギュッと凝縮。
かりんとう
かりんとう
カリッと楽しい食感と甘さが、あとを引くおいしさ。
ゆべし
ゆべし
もっちりした食感。くるみやごまがアクセントに。
うさぎまんじゅう
うさぎまんじゅう
かわいらしい形と色合いが、十五夜にぴったり。
 
おさつ甘納豆
おさつ甘納豆
ほっくり甘~い旬のおいもで作る、素朴なおやつ。
ゆずきんとん
ゆずきんとん
甘いさつまいもをゆずでさっぱりと。
栗きんとん(和菓子)
栗きんとん(和菓子)
栗の味わいを生かした、上品な和菓子。
簡単ふがし
簡単ふがし
黒糖の濃厚なコクが、サクッと軽い生地と好相性。
 
そばがき
そばがき
家で手軽にそばの香りを楽しむのにおすすめ。
かるかんまんじゅう
かるかんまんじゅう
山芋で作る、鹿児島の伝統的なお菓子。
赤飯まんじゅう
赤飯まんじゅう
あんこのかわりにもちもちのお赤飯を入れて。
いきなりだんご
いきなりだんご
熊本に伝わる、さつまいもの蒸しまんじゅう。
 
いもようかん
いもようかん
さつまいもの甘みが生きた素朴な味わい
おはぎ(ぼたもち)
おはぎ(ぼたもち)
昔ながらの味。やさしい甘さを楽しむ
お月見だんご
お月見だんご
中秋の名月をみんなで楽しむ
ところてん
ところてん
夏休みに親子でチャレンジ!
 
ずんだもち
ずんだもち
枝豆をあんにした、東北地方の郷土料理。
梅寒天
梅寒天
梅シロップを使って、ひんやりデザート。
柏もち
柏もち
こどもの日のお祝いは手作り柏もちで。
わらびもち
わらびもち
とろりとした舌ざわり。
 
いちご大福
いちご大福
旬のいちごを使った、和風のおやつ。
桜もち
桜もち
春の訪れを楽しむ和菓子を手作りで。
きな粉あめ
きな粉あめ
電子レンジで作れる、昔ながらの素朴なおやつ。
おしるこ
おしるこ
小豆をコトコト煮込めば、やさしい味わいに。
 
揚げあられ
揚げあられ
お正月に残ったおもちが変身!
この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る