右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「巨峰ジャム」のレシピ
ここから本文です
芳潤な香りと濃厚な甘みが広がります。『巨峰ジャム』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

アルミ製の鍋や鉄鍋は避け、 ホーロー製や樹脂加工された鍋を準備してください。

木べら
包丁ざる
まな板ボウル
スプーン

作り方

材料<仕上がり約500g>

  • 巨峰…800g
  • 砂糖…240〜320g
  • 巨峰の重さの約30~40%(甘さの好みで)
  • レモン…1個分
1.
巨峰は洗ってから粒をはずして、半分に切る。
2.
鍋に1.と砂糖を入れて30分〜1時間ほどそのまま置く。
point
水分は出てくるので水を加える必要はありません。
3.
2.にレモン汁を加え、弱火にかける。水分があがってきたら中火にして15分ほど煮る。
4.
煮汁が皮と同じ紫色に染まってきたら、ざるにあけてこす。
5.
ざるに残った皮と種を木べらで押すようにして実をボウルに落とす。
6.
5.でこした煮汁と実を鍋に戻し入れ、再び火にかける。アクを取りながら煮詰める。
point
焦げないように、ときどき木べらで鍋底からかき混ぜながら煮詰めます。
7.
とろみができてきたらいったん火を止め、硬さを確認する。好みの煮詰め具合になったら火から降ろし、冷ます。
point
ときどきジャムをスプーンですくい、下に氷を1粒あてて冷やしてみて、冷めたときのとろみ具合を確認しながら煮詰める時間を調整してください。冷めるととろみが急激に強くなります。

※アルミ製の鍋を使うと、黒ずんでしまいます。ホーロー製や樹脂加工された鍋を使ってください。

巨峰ジャムの保存方法

冷ましてから器に入れ、冷蔵室で保管してください。2週間を目安に食べきってください。



この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る