右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「きりたんぽ鍋」のレシピ
ここから本文です
香ばしさに箸がすすむ!『きりたんぽ鍋』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

作り方

きりたんぽを作る(8本分)

材料

  • ごはん…2合

1.
ごはんはあたたかいうちに、すりこぎを使って米粒が少し残る程度にすりつぶす。
point
やわらかめに炊いて作るのがおすすめです。残りごはんや冷めてしまったごはんで作る場合は、水をふりかけてから電子レンジで温めるとつぶしやすくなります。
2.
1を8等分してだんご状に丸める。割り箸に刺し、手に塩水(分量外)を付けながら細く棒状にのばす。
point
おにぎりを作るときのように、手に塩水を付けることで形作りやすく、煮てもくずれにくくなります。
3.
まな板の上で2を転がし、表面をきれいに整える。10分〜15分くらいおいて、表面を乾燥させる。
4.
ホットプレートで、3を転がしながら焼き、軽く焦げ目を付ける。粗熱がとれたらそっと割り箸を抜く。
(フライパンで焼く場合は、フッ素樹脂加工のフライパンを使い、一度しっかり温めてから弱火で焼く)。
point
熱が均一にわたるようにホットプレートを使うのがおすすめです。

きりたんぽ鍋を作る

材料<4人分>

1.
ごぼうは大きめのささがきにして水にさらす。まいたけは小房に分ける。みず菜は食べやすい大きさに、ねぎは斜めに切る。鶏肉はひと口大に切る。しらたきは熱湯にさっとくぐらせる。きりたんぽは斜めに4等分に切る。
2.
鍋に水6カップと鶏肉を入れて煮立て、アクを取る。しょうゆ、酒、塩を加える。
3.
ごぼう、しらたき、まいたけを入れて煮込む。
4.
全体が煮えたら、きりたんぽとねぎを加えて、2〜3分煮込む。
5.
最後にみず菜を加えてさっと火を通す。

我が家の定番です!たくさん作って冷凍しておくと便利よ!

秋田県の郷土料理として有名なきりたんぽですが、もともとは秋田県北部に伝わるもの。そこから、私の住む南部にも広まってきたんです。わが家では、一度にたくさん作って冷凍しておきます。そうすると、鍋だけでなく、郷土料理の「芋の子汁」という里芋をたっぷり入れた汁物に入れたり、焼いて甘みそを付けて食べたり、いろいろな食べ方で手軽に楽しめますよ。凍ったままでも調理できますが、家ではたいてい自然解凍して使います。



この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る