右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「じゃがいももち」のレシピ
ここから本文です
モチモチが楽しい、北海道の定番『じゃがいももち』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

作り方

材料10個分目安

1.
じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、やわらかくなるまで鍋でゆでる。
2.
1.のじゃがいもをボウルに移し、熱いうちにすりこぎ、または木べらなどでつぶす。
3.
粗熱がとれたら、塩と片栗粉を入れて混ぜ合わせ、手でよくこねる。
4.
まとまってきたら太い棒状にまとめ、ラップで包む。
※まとまらない場合は、水を少量入れる。
5.
包丁で厚さ1cmに切り、手のひらで軽く押さえ、形を整えてから、油をひいたフライパンで両面をこんがりと焼く。さらに砂糖としょうゆを好みで入れ、混ぜ合わせた「砂糖じょうゆ」をつけて食べる。

アレンジ編

じゃがいももちが郷土料理の北海道より、産直産地のジャガイモ生産者のアレンジレシピです。

塩味にしてビールのつまみにおすすめ。

砂糖じょうゆにつけて食べるのが一般的ですが、じゃがいももちをやや細くして油をひいたフライパンでこんがりと焼くんですよ。仕上げに塩や一味を軽くふると、ビールのおつままみとして最高です。

富良野・富良野青果センター馬場保行さん

みそ汁やおしるこに入れてモチモチ感を!

モチモチッとしているので、おしるこ、みそ汁のどちらもおすすめです。汁物に入れるときは、じゃがいももちを一度ゆでてから使う人もいますが、うちではそのまま汁に入れて、とろみも味わいます。寒いときにはからだも温まります。

十勝音更・大牧農場 五十皮賢治さん 裕子さん

焼き肉といっしょにこんがり焼いて。

焼き肉とじゃがいももちって、とても合うんです。肉や野菜といっしょにこんがり香ばしく焼いて、たれをつけるのがおすすめ。子どもにもおとなにも人気があります。1回分ぐらい多めに作って、ラップにくるんで冷凍保存をしておくと便利ですよ。

士別・士別農園 殿山美江さん



この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る