右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「いかの塩辛」のレシピ
ここから本文です
材料はいかと塩だけとシンプル!『いかの塩辛』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

保存びん

作り方

材料<2ハイ分>

  • するめいか…2ハイ
  • 塩…大さじ1・1/2

ワタを抜く

1.
まな板にいかを置き、胴の下から指を入れて、胴と内臓のつながっている部分2箇所を引き離す。
2.
足をゆっくり引っ張り、内臓といっしょに抜き出す。
point
ワタはあとで使うので、やぶらないように注意してください。
3.
胴の中にある軟骨を抜く
4.
えんぺらと胴の間に親指を突き通し、えんぺらの上部結合部分を引き離す。

ワタを取り外す

5.
足とワタを切り離す。
6.
ワタについている墨袋を足の方から静かに取り除く。

塩辛をつける

7.
6.のワタに塩大さじ2(分量外)をまんべんなくふり、ペーパータオルに包んで冷蔵室に2時間ほど置く。水分が出たら、サッと水洗いする。

皮をむく

8.
えんぺらをひき下げて外す。胴の細い方から太い方に向かって皮をむく。
point
むきにくい場合は、手が滑らないようにペーパータオルを使うとやりやすい。

切る

9.
軟骨のあったくぼみのところに包丁を入れて、身が1枚になるように切り開く。
10.
身を幅5mm、長さ3cmほどに切る。
11.
ボウルに10.のいかを入れ、7.の中身を箸などでしごいて出す。塩を加え、よく混ぜる
12.
熱湯消毒したびんに入れ、冷蔵室に3〜4日ほどおく。

冷蔵室で保存してください。1日1回ふり混ぜ、3日ほどすると熟成しておいしく食べられます。10日間を目安に食べきってください。



こちらもオススメ!(「日本の食の技」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「いか」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「発酵」関連レシピ)

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る