右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


<< 1つ前のページへ戻るホーム > レシピ一覧 > 「いかの一夜干し」のレシピ
ここから本文です
干すだけなのに、濃厚なうまみ。『いかの一夜干し』

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

準備するもの

ピンチハンガー

(洗濯物干し。小さめでOK)

作り方<所要時間:約1日(漬ける・干す時間を含む)>

材料<2枚分>

  • するめいか…2はい
  • 酒…大さじ2
  • 塩…大さじ1/2
  • マヨネーズ(好みで)…適宜

いかをおろす

1.
いかは“えんぺら”を下向きに置く。内臓を傷つけないように気をつけながら、胴の真ん中に包丁を入れて一枚に切り開く。内臓の上にのっている、細長い“墨袋”を破かないようにそっとひっぱってはずす。
2.
胴と足のつなぎ目に縦に包丁を入れ、真ん中で切り開く。かたい“くちばし”の部分を取り除く。
3.
目もつぶさないように、後ろから押し出すようにして取る。
4.
内臓を上に向かってひっぱり、はがし取る。軟骨を抜く。

下味をつける

5.
おろしたいかをバットに並べ、酒を振りかけ、塩は両面、足全体にすりこむ。そのまま2時間ほど置く。

干す

6.
5.のいかを夜から朝にかけて、6〜8時間干す(水分が出てきて汁がたれるので、下に新聞紙などをを敷いておく)。表面をさわってみて、乾いて水けがなければでき上がり。
point
鳥や猫などにねらわれやすいので、夜から干すのがおすすめです。

保存する場合は冷蔵室で!

すぐに食べきれない場合は、冷蔵室で保存し、1週間以内に食べきりましょう。
冷凍する場合は、1つずつラップで包んで。2〜3週間で食べきるのがめやすです。
どちらも風味は劣るので、早めに食べきるのがおすすめです。

香ばしく焼いてどうぞ!

食べるときはグリルなどで焼き、食べやすく切ってどうぞ。好みでマヨネーズなどを添えて食べてください。



こちらもオススメ!(「日本の食の技」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「干す」関連レシピ)

こちらもオススメ!(「いか」関連レシピ)

この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

キーワードからレシピを見つけよう 注目キーワード一覧

 
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る