右メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです

生協(コープ/COOP)の宅配パルシステム/おいしい手づくりコミュニティ/季節を楽しむくらしがいいね。

季節ごとの旬の食材や伝統行事を生活に取り入れて
わが家の味を手づくりしよう!

  • ホーム
  • このサイトについて
  • 注文サイト
  • お問い合わせ

レシピから検索しよう!


この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
ぬか漬け部顧問 山田奈美さん
山田さんが語る、ぬか漬けの魅力!
“からだにいいのもあるけど、とにかくぬか漬けが好きなんです”
ぬかの酸味とうまみで野菜がすごくおいしい
「乳酸菌を毎日とれる」と思うと続けたくなるし、実際にからだの調子もいいんです。でも本当は「おいしいから食べたい」、それがいちばんの理由。 新鮮な野菜の甘みと、ぬかの酸味やうまみが融合して、なんとも芳醇な味わいですよね。
少ししんなりして、ほんのり酸味があるぐらいが私の好みです。
少しくらい放っておいても大丈夫ですよ
毎日かき混ぜるのが基本ですが、1~2日混ぜなかったら絶対ダメ! というわけではないです。私も2日くらい放っておくときがあるんですよ。ぬか床を休ませると乳酸菌の力が復活するので、むしろマイペースでいいんです。
もしカビが生えてしまったら、そこだけ取り除けば大丈夫です。
始めるのに絶好の季節。ぜひトライしてください
ぬか漬けはおもしろいことに、同じ材料で、同じように作っても、その家の環境、流れる空気、作る人によって、違った味わいになるんです。乳酸菌の活動がもっとも活発になるのは20~25℃。初夏は発酵がほどよくすすむので、初めての方
にもおすすめの季節です。ぜひ"わが家の味"を作りましょう。
プロフィール
国際中医薬膳師。武鈴子さん(東京薬膳研究所代表)に師事、現在は「食べごと研究所」を主宰し、神奈川県葉山の「古家1681」にて「発酵教室」や「親子昔ごはん教室」、「和の薬膳教室」など、昔ながらの日本食を守る活動に取り組む。
著書
『体を温め、めぐりをよくする妊娠中のごはん』(家の光協会)
『野菜の力を いかす 和食薬膳レシピ』 (共著/家の光協会)
『漬けるだけ発酵食レシピ』(共著/アスペクト)
関連サイト
食べごと研究所
自然を感じる 古家1681(coya色あい)
ぬか漬けだより バックナンバーはこちら
  • ぬか漬けの作り方
  • ぬか漬け部
この記事を共有する:
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
1つ前のページへ戻る このページの上へ戻る